FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
修学院離宮ー曼殊院ー円光寺ー詩仙堂ー金福寺 周遊
徒歩で歩ける範囲の一乗寺周辺のお寺(離宮)めぐりをしました。

まず朝10時の回の修学院離宮を予約(宮内庁に事前申し込み必要)。ガイドの方に説明して頂きながら離宮をめぐります。

修学院離宮は17世紀中ごろに後水尾上皇によって造営された、3つの庭園とそれを取り巻く棚田が雄大で美しい離宮です。庭園同士は松並木でつながり、大変ユニークです。(松並木は明治天皇が来られる時にできたそうです)。

P1170003_convert_20090924233726.jpg
上空写真



驚いたのは、棚田ごと国が買い取って全体で整備している所です。棚田は地元の方が耕作されて、昔ながらのやり方で稲の乾燥をさせたりして、風景をこわさないよう徹底しているようです。

P1170032_convert_20090924233944.jpg


桂離宮とはまた違い、どちらかというと建物は質素でシンプルに作られていますが、このような、全体的なランドスケープとの調和がすばらしく、また一番上の上離宮までのぼると、京都市内や対面の山々まで見えて、圧巻でした。

P1170071_convert_20090924235240.jpg

P1170087_convert_20090924235353.jpg

P1170081_convert_20090924234206.jpg






離宮の約1時間10分ほどの案内を終え、南方向に歩いて約20分、曼殊院(拝観料 一般600円)に着きます。結構坂で疲れますが、畑などの景色が楽しい道のりです。

曼殊院では撮影禁止とありました。静かな落ち着いたお寺でしたが、最後に幽霊の絵の描かれた掛け軸があって、びくっとしました。説明に、「この写真を撮られると、調子がおかしくなります」というようなことが書いてありました。





次に曼殊院から詩仙堂へ向かう途中に円光寺(拝観料 一般400円)がありました。小さなお寺の庭は、緑が生い茂って緑浴に気持ちのよい所でした。ここでは水琴屈があり、音を楽しみました。

P1170123_convert_20090924235649.jpg

P1170117_convert_20090924235533.jpg
水琴屈






そして詩仙堂(拝観料 一般500円)へ。入り口の門が小さく、奥に続く緑の路地に魅かれます。

P1170129_convert_20090924234542.jpg

詩仙堂は庭は撮影OKでした。ここでしばらく座ってぼーっとしていると、ししおどしの音がよく聞こえました。

P1170140_convert_20090924234649.jpg


P1170153_convert_20090924234725.jpg

あとで庭の奥にてししおどし見つけました。




最後に金福寺(拝観料一般300円)へ。

P1170172_convert_20090924235053.jpg
枯山水の庭


P1170174_convert_20090924235159.jpg
芭蕉庵



金福寺は松尾芭蕉、与謝野蕪村、村山たか女といった3名の歴史上人物ゆかりのお寺で、芭蕉庵や蕪村のお墓などがあります。

本堂では押しボタンにより約15分?の説明もあります。村山たか女さんのことは今回初めて知ったのですが、安政の大獄でスパイとなり最後は金福寺の尼僧となった人だそうです。


修学院離宮以外は大きいお寺ではないので、だいたい2時くらいに見学を終えて、お昼にしました。
この辺の地域の民家も味があり、楽しい周遊コースでした。










スポンサーサイト
【2009/10/01 00:59】 | satton :寺 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<今宮神社 あぶりもち  | ホーム | 真如堂>>
コメント
すごくいい風景ですね☆
修学院離宮、詩仙堂、前から気になっていました!
庭を眺めながら、ぼーっと、のんびり過ごすのもいいですね♪
【2009/10/02 15:33】 URL | tomo #-[ 編集] | page top↑
詩仙堂は本当ぼーっとできます。この辺りは秋の紅葉もすごいみたいです。混みそうだけど…
【2009/10/02 19:13】 URL | satton #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hobokyoto.blog27.fc2.com/tb.php/102-ba031cdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。