FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
妖怪ストリート  大将軍商店街
京都市内には巨大スーパーはほとんどありませんが、各地域の商店街が結構あちこちにあり、京都の特徴のひとつでもあります。
先日北野天満宮や、北野白梅町から5~10分程の、「大将軍商店街」を通る機会がありました。

商店街は「大将軍八神社」のある一条通りを軸にした、下町風で味のある通りです。豆腐の「藤野」の工場もあったりします。が、それだけでなく「妖怪ストリート」と書かれた旗があちこちに掲げられています。

そして、たくさんのお店の前に、それぞれユニークな妖怪の人形が置いてありました。
ichijyou2_convert_20091126015553.jpg
パン屋さんの前。 妖怪の耳が食パンになっています。


ichijyou3_convert_20091126015620.jpg
和菓子屋さんの前。


「妖怪ストリート」は2005年から銘打ったもので、言われは平安時代に「百鬼夜行」という妖怪達が夜中に徒党を組んで行進する現象があり、その通りが一条通りであったという記述からのようでした。古道具が変化した妖怪「付喪神(つくもがみ)」が主役になっていて、ものを大事にする心も唱っていました。



妖怪にも驚きましたが、商店街を出た西の一條橋の川沿いに、柑橘系の木が何本かあり、どれも大きな実がたくさんなっていてびっくりしました。通りがかりの人に何の実か聞きましたが、わからないとの事でした。。ただ昔はこれほど実がなかったのに、年々増えているようで、その方も木の成長ぶりにびっくりされていました。妖怪ストリートを通ってきた影響で、これもちょっとした不思議現象のように思えてしまいました。

ichijyou4_convert_20091126015650.jpg



スポンサーサイト
【2009/11/26 03:13】 | satton | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
京都国立博物館
金曜日に、11月23日までの「日蓮と法華の名宝」展を見に行きました。

京都国立博物館は、普段は午後6時までですが、金曜日は午後8時までやっているところが、特別な感じで嬉しいです(入館は閉館の30分前まで)。夕方暗くなりかけの時に行くと、建物がライトアップされていました。
建物は1895年に竣工し、宮廷建築家の片山東熊によって設計されたものです。
091120_1659~01

日蓮宗は、鎌倉で日蓮聖人が始めたものですが、ここでは主に京都における日蓮宗の流れを紹介していました。京都でお寺をめぐると、ふすま絵や宝飾品が見られますが、それらの作者である本当に良く知られている人達が日蓮宗を信仰していたようです。長谷川等伯、本阿弥光悦、何人かの狩野派、俵屋宗達、尾形光琳、尾形乾山といった、そうそうたる顔ぶれでした。



出た時はもう完全に暗くなっていましたが、夜に行く博物館は、ゆっくりした気分になれて気持ちが落ち着きました。

また博物館の庭には、ロダンの「考える人」の彫刻もありますが、夜見ると真っ暗で、よく見えませんでした。。(ほとんど影の「考える人」像↓)
091120_1903~01
【2009/11/22 13:27】 | satton | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
イルミネーションの季節
11月も、もう後半ですね。
京都駅や街中でクリスマスツリーや、イルミネーションが見られる時期になると、
年末になったなぁとつくづく感じます。

091120_1637~01
京都駅↑


河原町御池↓京都市役所前+京都ホテルオークラ前
091120_1944~01

091120_1942~01


同志社大学正門中↓
091121_1921~01





【2009/11/21 11:48】 | satton | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。