FC2ブログ
京都時代祭
京都の三大祭の一つである「時代祭」を見に行ってきました。

「時代祭」は、約2000名もの人々が、7つの時代(明治、江戸、安土桃山、吉野、鎌倉、藤原、延暦)それぞれの衣装を着て、京都御所~平安神宮まで歩く、という祭りです。
大人数とあって、行列の長さは2キロに及ぶらしいです。





正午少し前に、御所に到着。いろんな馬が待機していました。





正午になり、出発。
しかし、たくさん人で、なかなか行列に近づくことができません。
なんとか写真を撮ろうと腕を高く上げて、シャッターを切ったものの、行列が豆粒のようになり、なかなかいい写真が撮れませんでした。残念。





安土桃山時代あたりから、ようやく行列に近づくことができました。





薪を頭にのせた”大原女”も登場。





清少納言と紫式部も登場。

なぜか、自分が知っている歴史上の人物が登場すると、テンションが上ります。
特に、明治時代は、教科書で習った人物がたくさん登場していたので、すごく盛り上がりました。

今回はじめて、時代祭を見に行ったのですが、予想以上に楽しかったので、来年も見に行きたいと思います。
スポンサーサイト



【2006/10/27 19:54】 | tomo | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
滋賀の小京都「近江八幡」
滋賀の小京都「近江八幡」へ行ってきました。京都からJRの新快速で40分くらいです。

あまり下調べをしていかなかったのですが、駅に観光案内所があり、施設を利用するのにお得なパスポート(観光パスポート)を購入することができました。

このパスポートで利用できるのは、市立資料館、八幡山ロープウェー、かわらミュージアム、ボーダレス・アートギャラリー「NO-MA」の4施設で、その他にも、バスの割引クーポンや、特典を受けることができるお店などもあり、かなりお得でした。





最初は、「市立資料館」を見学。





”近江商人のふるさと”とあって、館内には、商売で利用していた昔の道具などが、たくさん展示されており、帳場(上の画像)をそのまま再現した部屋もありました。





館内に入りきらなかったのか、中庭にも、古いものがたくさん置かれていました。
いつの時代のものかわからないですが、中でもこのバイクがすごく印象的でした。





施設へ行く途中には川があり、観光客を乗せた船が、ゆっくり目の前を通り過ぎてゆきました。なんとなく伏見の酒蔵近くの風景とよく似ています。

次は、「かわらミュージアム」を見学。

「かわらミュージアム」には、その名の通り、いろいろな瓦が展示されており、国内だけでなく海外の瓦も展示されていたので、かなり興味深く見ることができました。





次は、「八幡山ロープウェー」。





展望台から見た風景です。晴れていてすごくきれいでした。





「八幡山ロープウェー」の乗り場近くには、串団子を売っている店があり、見るからにおいしそうだったので、食べることにしました。
予想どおり「うまい!」おすすめです。

昼からの行動だったこともあり、この日は結局、ボーダレス・アートギャラリー「NO-MA」へ行くことができませんでした。が、なんとか、観光パスポートの元は取ることができました。

次回は、町をぶらぶらしながら、レトロな町並みを楽しんでみようと思います。
【2006/10/13 19:14】 | tomo:滋賀 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
三条寺町~三条烏丸 洋館めぐり
三条通りには、レンガ造りのレトロな洋館が多く、中にお店が入っていたりするので、とてもおもしろいです。 三条寺町~三条烏丸にある洋館を紹介したいと思います。

三条御幸町東南角にある、1928ビル(旧・毎日新聞京都支局)。 カフェや演劇ホールなどがあり、いつも人で賑わっています。
[京都市登録有形文化財]
三条富小路西にある、SACRAビル(大正初期の旧不動銀行京都三条支店)。カフェや雑貨店が入っています。レトロな階段がすてきでした。ここのカフェは落ち着くのでおすすめです。
[国登録有形文化財]
三条柳馬場角にある、 日本生命京都三条ビル旧棟。1Fには、リサイクル着物のお店が入っています。
[国登録有形文化財]
三条高倉にある、京都文化博物館・別館(旧・日本銀行京都支店)。博物館以外にも、春と秋にアートフリーマーケットが開催されたり、演奏会があったり、いろいろと楽しい催し物があります。ここに入っているカフェも落ち着きます。
[国指定重要文化財]
三条東洞院角にある、 中京郵便局(旧京都郵便電信局)。 これが郵便局?って思うくらい立派な建物です。三条あかり景色2006のときにライトアップされた写真です。
[国指定重要文化財]
今回、記事を書くためにいろいろ調べたら、ほとんどの建物が、文化財に登録されていたので驚きました。また他の建物も紹介していきたいと思います。
【2006/10/03 22:01】 | tomo | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |