FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
紫式部
北大路堀川下ルにある紫式部のお墓を見てきました。
005.jpg


そこは広い堀川通りに面していて、いつも見逃して
しまうような場所にあります。間口が3.5M程の
入口を入ると、奥に土の盛り上がったお墓が1つ、ではなく
2つ並んでいました。

1つは「紫式部」の墓、もう1つは「小野篁」という、小野小町の祖父と
言われている人のお墓。
005-2.jpg



前に読んだ本で、小野篁は冥界へ通って、閻魔様の裁判を手伝って
いたとかいう不思議な人物。 「六道珍皇寺」というゆかりの寺が東山区にあります。

また紫式部はの邸宅跡は京都御所の東側にある「廬山寺」があります。

なぜこの2人が同じ所に?この場所に?など
今現在そうなったのか、関わりがあったのかなどわかりません。
この小さな場所であれこれと昔の世界を想像した日でした。







スポンサーサイト
【2006/09/16 23:53】 | satton | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
梅園のみたらし団子
”みたらし団子”のおいしい甘味処「梅園」を紹介したいと思います。

場所は、河原町通六角上ルです。隣の100円均一をいつも目印にしています。





最初に食べたのは、おみやげにもらったみたらし団子で、なにげなく食べたところ「!!!」「これ、おいしいやん!」と、あっという間に食べきり、それ以来、河原町周辺で甘味処といえば「梅園」になりました。。





店舗は細長く、奥に客席があります。





梅園のみたらし団子です。この記事を書きながらすごく食べたくなってきました。

メニューには、わらび餅や、みつ豆、かき氷など、みたらし団子以外にもたくさんあり、みたらし団子と組み合わせたメニューもあるので、いつも組み合わせメニューを注文しています。





左)わらび餅とみたらし団子、右)みつ豆とみたらし団子 です。





みつ豆をよく見ると、わらび餅が一つのっていました。
すごく得したような気分になったのは、私だけでしょうか。
【2006/09/11 20:45】 | tomo:甘味処 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
京都駅から徒歩ツアー
京都に住みながら、有名でも行った事がないとか、
名前や場所を把握していない所は本当にたくさんあります。

前に京都駅の上から街をみていて、緑の大きなエリアがあるのが何だろうと思っていた
場所へ、ふらっと歩いて寄ってみる事にしました。

徒歩10分程で着いたそこは、「渉成園」という東本願寺の別邸で、
池泉回遊式庭園を拝観できる所でした。
入場料は自分で決める寄付式です。 9:00~16:00(受付15:30)
kikokutei2.jpg

そのまま西に戻って東本願寺に行くと(徒歩7分)、その間に仏具金物屋さんや
法衣屋さんなどのある通りがあり、お寺の界隈の雰囲気を楽しめ得した気分になりました。

そこで調子づき、なんとなくの場所しか知らなかった「三十三間堂」にも行ってみる事にしました。
七条通りを東へひたすら真直行くと、なんとか30分程でたどり着く事ができました。
1001体の観音様のいる事で有名なお堂です。   拝観料 個人大人600円
33gendo01.jpg

「三十三間堂」の向かいは「国立博物館」、東隣には「ハイアットリージェンシー京都ホテル」
があり、どちらかでお茶しても良さそうでした。「ハイアットリージェンシー京都」は
最近新しくなったところで、行ってみたいと思っていたので中だけ見学しました。

最後に偶然見つけた「豊国神社」も少し寄ってみました。三十三間堂を少し北に行った所で
豊臣秀吉を祭神とする神社でした。
toyokuni~01.jpg



帰りはバスでしたが京都駅からも結構歩けて、点々と見どころがあるなと思いました。
順番としては

京都駅→徒歩5分→東本願寺→徒歩7分→渉成園→徒歩20分→三十三間堂エリア

が賢かったと思います。

頑張れば「三十三間堂」から「清水寺」もなんとか行けそうで、(ちょっと疲れる?)
歩くのも発見があり楽しい事を久々に体験しました。
【2006/09/03 00:24】 | satton | トラックバック(1) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。