FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
京都大丸でのこと
京都大丸の地下にある、”ごちぱら”で和菓子を買いました。

お勘定のときに、店員から「・・カードはお持ちですか?」と言われ、よくわからないまま、とりあえず何も持っていなかったので、「いいえ」と答えると、「新規でカードをお作りすることができますが。」と勧めてきました。カードと聞いた時点でいつもは「いいです。」と言うのですが、「クレジットカード機能はついてませんので。」という一言を先に聞いたので、話しを聞いてみることにしました。

どうやらそのカードは、大丸で買物をすると100円につき1ポイントが加算され、そのまますぐ、1ポイント=1円として大丸で使用できるものでした。しかも、大丸行って機械にカードを通すと5ポイントもらえるそうです。(1日1回)

いつもうたがってかかるのですが、まあ入会しても損はしないなあ。と入会することにしました。

大丸Dカード”という名前です。





全国の大丸で使えるみたいなので、大丸によく行く人はお得かもしれないです。

しかし、もうすでに、カードを通す機械の前には、たくさんのおばちゃんたちが並んでたので、私だけ乗り遅れてたのかなと思いました。みんな情報が早いですねー。





スポンサーサイト
【2005/10/29 22:32】 | tomo | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
古紙回収
前から徐々に、ダンボールが増え続けており、最近ちょっと気になるようになってきました。

それなら、捨てればいいやん。と思われるかもしれないですが、うちのマンションには、”ゴミ捨て場にダンボールを置かないでください。”の貼紙がしており、気軽に捨てれないんです。。(以前居たところは、ゴミ捨て場に置いてたら業者が持って行ってくれていたのですが。)

引越してすぐの頃、あまりのダンボールの多さに、これは早く捨てなければと、古紙回収業者に電話を掛けたところ、取りに来てもらうのは、有料(2000円~)だということで、京都市内を巡回している車に渡す無料のほうを勧められました。

それを聞いて、ダンボールを引き取ってもらうのに2000円もかけるのは、なんとなく損な感じがして、その無料の古紙回収の車をつかまえることにしました。

にしても、何時ごろその車が通るのかわからないので、とりあえず、すぐ持っていけるように、ダンボールをひとまとめにし、ひたすら耳をダンボにして、古紙回収の車から流れる音楽を待っていました。

すると、遠くから♪が流れてきたので、ベランダから車がきているか確認すると、まだ車が見当たりません。しばらく道路を眺めていると、角から車が現れました。「来たー!!」とあわててマンションから下へ降りると、思ったよりも車が早く、もう次の角を曲がるところで、必死になってダッシュし、ようやく呼び止めて、ダンボールを渡せることができました。

で、現在またもやダンボールが増えてるのですが、前回と同じようなことをしなければいけないと思うと、面倒くさくて後回しにしてしまっている今日この頃です。





【2005/10/26 22:02】 | tomo | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
博多で京都
昨日から一泊二日福岡へ行ってきました。

観光目的ではなかったので、博多の町をうろついたのは、一時間半ほどでした。

せっかく福岡に行ったので、是非福岡らしいところを写真に収めたいと思い、この一時間半ほどの間にいろいろ探しました。

が、意外にも福岡らしいというより、京都と似ている部分が目に入り、親しみを感じました。

まず、JR博多駅でたところには、舞妓の像。





びっくりしたのは、天神駅へ行く途中に見た「祇園」という駅。他にも、地下鉄のマップを見ると、「賀茂」駅がありました。





そして、天神駅から川の方へ歩いていくと公園があり、そこにも「三人舞妓」の像。





今回博多を歩いて、京都にもあったらいいなあと思ったのは、広めの歩道にある有料駐輪場。京都は駐輪場が少ない&すぐレッカーされるので、こういう駐輪場を京都駅前とかにあれば今まで放置していた人も素直に利用するのではないかと思いました。







あと、地下鉄のホームに、飛び込みができないように、塀のようなものが設置されていました。





今度博多へ行ったときは、屋台のラーメン食べたいと思います。






【2005/10/23 23:45】 | tomo | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
サプリメント
私は、数年前から”サプリメント”を買うようになりました。

たぶんドラッグストアが町のあちらこちらにでき、なにかにつけてドラッグストアに立ち寄ることが多くなったのがきっかけかもしれません。

よく私が行くのは、烏丸御池にある”ユタカ”というドラッグストアです。御池の駅からすぐのところにあって便利で、特に買うものがなくても、ふと寄ってみたくなります。

店内をうろうろしていると、必ず興味を引く商品があります。その中にサプリメントもあります。小さいモニターに何回も繰り返される商品説明のビデオは、サブリミナル効果なのかわからないですが、何回か見てるうちにその商品がほしくなってしまいます。以前、いぐさの粉末を買ってしまったことがあります。たぶん体にはよいのだろうと思いますが。。

他にも、コラーゲンの粉末や、大豆ペプチドの粉末、アミノ酸が配合された錠剤などなど。。どれもあまり続いてませんが、この前口内炎ができ、ビタミン剤を飲んでもなかなか治らないので、いろいろ調べると亜鉛不足の場合も口内炎ができるらしいという情報が載っていたので、さっそく亜鉛のサプリメントを買って飲んだところ、口内炎がピタッと治りました。

それからというもの私は、亜鉛不足だったらしいと勝手に思い込んで、今は、亜鉛の錠剤を毎日飲んでます。。

それと聞いた情報ですが、竹田フェアという貸し展示場(烏丸御池を西へ行ったところ)が、最近ドラッグストアになったらしいです。
まだ行ったことないので行ってみようと思います。



【2005/10/22 00:58】 | tomo | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
御所の風景
丸太町から今出川へ行くときは、よく御所の中を通り抜けします。

というのも、御所周りの歩道は、すごく狭くて、自転車だと場所によっては、どちらかが譲らないと衝突しそうになったりし、雨の日なんかは、とくに気をつけなければいけないからです。

それに比べて、御所内は、広くて緑が多く、とてもさわやかな気分になります。





御所内では、犬の散歩や、昼寝をしている人をよく見かけます。この日は、友人と自転車で通り抜けしていると、めずらしく外国の人が、カンフー?の練習をしていました。





そして、塀のあたりで、作業服を着た人たちが掃除をしており、何やら掃除機のような道具を持っていました。





近づいてみると、長い棒の先からガスバーナーのような火が出ており、いったい何をしているんだろう??ガスバーナーを持っている女の人に尋ねたところ、どうやら石から出ている雑草などを焼いているらしく、その道具は特注品だということでした。





なるほど。。さすが御所の手入れは行き届いてるなあ。と感心しました。

【2005/10/19 23:38】 | tomo | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
京都アートフリーマーケット
10月14日~16日まで京都文化博物館で、「京都アートフリーマーケット」が開催されていました。





最終日の今日、さっそく見に行きました。京都市役所前のフリーマーケットは、よく行っているのですが、”アート”とつくフリーマーケットは行ったことないので、どんなもの売ってるんだろう?と興味シンシンで、今回は、1店ずつ見回ることにしました。





案内の冊子をもらったので、見てみると、京都文化博物館内だけかと思ったのですが、博物館の外や、NTT前にも、出店されていました。

どの店も、”アート”な手作り商品が並んでおり、すばらしい作品が多く、たくさんの人が「すごーい!」と言いながら見ていました。

特に、NTT前にあった、キャラクターグッズを売っている店が、人だかりで、私も、今まで見たことないキャラクターで、目が釘づけになりました。

他にも、似顔絵を描いてくれるところや、手作りの時計や、帽子を売っているところもあり、どれも個性的で、大変楽しめました☆

そして、近所のショップとかも、このフリーマーケットの影響?でたくさんの人で賑わっていました。地域活性化のために、是非次回もこんな企画をしてほしいと思います。

【2005/10/16 23:08】 | tomo | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
英会話喫茶
プラッツ近鉄に用事があったので、京都駅まで、自転車で行きました。

--
途中ですが、今、プラッツ近鉄のホームページを見て衝撃を受けました。
平成19年2月末日で閉店するらしいです。なんかさびいしい。。
--

そして、帰り道、烏丸七条の交差点で、信号待ちをしながら、ぼーっと、ステーション京都の垂れ幕を見ていると、何かが違う、目を細めて今度はじっくり読んでみると、ホテルの垂れ幕に「英会話喫茶 フリードリンク90分 外人講師...」と書かれていました。これか!

ホテルの垂れ幕といえば、「ランチバイキング」だの「ディナーバイキング」だの書かれているのですが、「英会話喫茶 フリードリンク90分 外人講師...」っていったい何。。すごく興味をそそられました。

そして、「外人講師...」の続きを読むために、わざわざ、ホテルの横を自転車でゆっくり通り、垂れ幕をじーっと見ると、



続きを読む
【2005/10/14 19:54】 | tomo | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
レンタルビデオ店を見つけました!
以前から、近く(三条、烏丸御池周辺)に、レンタルビデオ店がないものかと、探していたのですが、なかなか、近い距離になくて、なんで、こんな町やのに、レンタルビデオ店がないのだろうと、ずっと思っていました。

私の知ってるレンタルビデオ店は、堀川御池の近くにあるビデオ店と、TSUTAYA烏丸五条店、あとは、TSUTAYA今出川店で少し遠いです。昔は、河原町三条上ったところの、ムツミ堂の上に、TSUTAYAがあったのですが、いつの間にか、なくなっていました。

そして、この前、インターネットでなにげなく探していると、「ふや町映画タウン」という旧作中心のレンタルビデオ店を発見しました。





さっそく、行ってみると、建物は、普通の事務所で、入り口に看板がありました。





いつも行くようなビデオ店は、外から中の様子がわかるので、抵抗なく入れるのですが、ここは、中の様子がわからないのと、2Fにあるので、一瞬後ずさりしましたが、やっぱりここまで来たし行ってみようと、2Fへ上りました。

2Fへ上ると、一室だけ扉が開いており、たぶんここかなあと、ちょっと緊張しながら中へ入りました。

中へ入ると、ビデオが見当たりません。手前の棚には、ファイルや本が並べられており、よく見ると、カウンターの後ろにビデオが並んでいました。

内心とまどいながらも、店員に「ビデオ借りたいのですが。」と言うと、店員は、レンタルできるビデオのリストが、棚にファイリングされているので、そこから選んでほしいとのことでした。

今でにないシステムでびっくりしたのですが、なんとか、よさそうなビデオを見つけて借りました。

リストを見ると、旧作の古いビデオが充実しており、たぶん他のビデオ店にないものとかありそうでした。

旧作の古いビデオで、探しているビデオがあれば、ここのレンタルビデオ店にあるかもしれないので、行ってみてはどうでしょうか。

【2005/10/12 00:08】 | tomo | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
着物ブーム
この数ヶ月前から、”きもの”を着た若者をよく見かけるようになりました。





なにか、行事でもあったのかなあ。と思っていたのですが、京都の情報誌とかを見ると、どうやら、きものブームらしいです。

また、今、京都では、”京都きものパスポート”といって、きものを着ていると、京都文化博物館や、他いろいろな施設の入場料が無料になったりするパスポートが無料発行されていて、きものを着た人が優遇されています。

きものをレンタルする店も、最近増えており、デザインも、レトロだけど、いい感じで、京都に住んでる私でも、着てみたいなと思ってしまいました。ちなみに、下の写真は、寺町四条を上った、詩の小路ビル1F Guichesという最近できたお店です。





きものをレンタルできる宿とかもあるみたいなので、京都に旅行にくるときには、思い出に、”きもの”で京都を探索したら、おもしろいと思います。
【2005/10/10 01:03】 | tomo | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
絵ろうそく
京都駅近く(七条通り)にある、和ろうそくの専門店、「丹治蓮生堂」に行ってきました。

あいにく、雨だったので、外観の写真は、撮れなかったのですが、店内の商品は、店主の許可を得て撮ることができました。





扉を開けると、すぐ、商品が並んだショーケースが置いてあり、その後ろで、職人が、二人作業していました。師弟関係みたいで、ろうそく職人の世界を垣間見たようでした。(師弟かどうかは、勝手に想像。。)

そもそも、この店に行こうと思ったのは、最近、京都の”おみやげ本”を読むようになり、その中で紹介されていた、「絵ろうそく」が、とても、かわいらしく、いつか行ってみたいと思っていたのと、ちょうど、この11月に私の結婚式があるので、キャンドルサービスに、この「絵ろうそく」を使ったら、京都らしい風情があってよいのではないかと思ったのが、きっかけでした。

そして、店主にその旨を伝えたところ、店主の答えは、「披露宴で、和ろうそくを使うのは、聞いたことないなあ。もともと、お寺で使われるろうそくやから、結構、火力が強いよ。もしかしたら、火災報知機鳴るかもしれへんで。」ということでした。

予想もしなかった答えに、唖然としたのと同時に、披露宴会場で、火災報知機が鳴り、スプリンクラーの水が噴射している様子を想像してしまいました。

絵ろうそくは、かわいいのに、こんなこと仕出かす可能性があるのかと、少しがっかりし、とりあえず、自分用に絵ろうそくを買って帰りました。




【2005/10/08 00:23】 | tomo:結婚式関連 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
京都楽紙館




席次表を、和紙で手作りできないかと思い、京都文化博物館1Fにある、京都楽紙館に行ってきました。

入ってみると、文房具店などでは置いてないような、いろんな和紙がたくさんあり、プリンター用の和紙もたくさん種類がありました。

そこで、表紙がもみじ柄のメッセージカードを見つけ、とてもかわいかったので、これより少し大きめのものを手作りできないものかと、店員に、聞いたところ、同じ和紙は置いていないが、もみじ柄の和紙ならあると言われ、とりあえず、その和紙を買って帰りました。

また、店のすぐ外には、ペーパークラフトの本や、折り紙の本などが、たくさん並べられた本棚があり、おそらく、この本も京都楽紙館の商品だと思うのですが、めずらしくて、ついつい立ち読みをしてしまいました。

特に、折り紙の英語の本が印象的で、外国人から見ると、「折り紙=日本の文化」という風に思われているのかなと、ふと外国から見た日本を、体感しました。そういえば、京都楽紙館に入ってきた客も、外国人観光客が多かったような。。

折り紙は、知らず知らずに鶴とかは、折れるようになっていたので、あまり、文化というふうにとらえてなかったのですが、折り紙の本を見ると、鶴以外にも、美しい折り方がたくさん紹介されており、私も折ってみたくなりました。


【2005/10/07 00:51】 | tomo:結婚式関連 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
六角堂


御池と四条の間くらいにある有名なお寺、「六角堂」に行ってきました。

この付近を歩いていると、たびたび、道で、観光客らしき人に、「六角堂はどこにありますか?」ということを尋ねられ、いちおう場所は知っていたので、教えていたのですが、近くに住んでいながら、なぜこんなに、尋ねる人が多いのだろうと、不思議に思っていました。

というのも、「六角堂」のある六角通りは、車がよく渋滞で、私が、自転車でこの通りを通るときも、渋滞の車をよけるのに必死で、六角堂の中を見たことがなく、門しか見たことがなかったからです。



最近、京都の本をよく読むようになり、その中にあった、「鳩みくじ」がすごくかわいらしく、詳細を読んでみると、「六角堂」で売られていることがわかり、以前から、少し気になっていたので、「六角堂」に入ってみることにしました。

中に入ると、思った以上に広く、鳩みくじのほかにも、京都らしいおみやげなどが売られており、町中にあるとは思えないくらい、京都らしい風情のあるところでした。



ここは、鳩が多く、他にも、なぜか白鳥とかが泳いでいました。
町中にこんな憩いの場所があるなんて、新鮮でした。
【2005/10/03 23:10】 | tomo | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
はじめまして。
はじめまして。
「ほぼ京都ブログ」のtomoと申します。
このブログでは、京都の町並みや、京都のイベント、京都で見つけたお店などなど、日常生活で、気づいたことを綴っていきたいと、思います。
また、京都の情報をたくさん載せるべく、ときどき友人にも書き込んでもらおうと思っています。
よろしくお願いします。
【2005/10/02 01:16】 | tomo | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。