FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
京都府立陶板名画の庭   北山
10月23日~25日は北山ハロウィンの催しが行われていて、「陶板名画の庭」の拝観が無料になっていました。(普段でも大人100円ですが…)

スロープで出来たジグザグの立体の通路を回遊していくと、鳥獣戯画や、最後の審判、最後の晩餐などの陶板でつくられた名画が現れます。設計は安藤忠雄氏。一番奥には滝もあって、異空間楽しめます。

23日に行ったのですが、北山ハロウィンのイベントでは24日から、この中で手作り市もしていたみたいです。


091023_1526~01


091023_1518~01
スロープの遊歩道。手前池の中にはモネの睡蓮


091023_1522~01
最後の審判


091023_1520~02
最後の晩餐




スポンサーサイト
【2009/10/27 12:02】 | satton:庭園 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
仙洞御所
御所内にある仙洞御所。
近頃やたらお寺や庭園ばかり行ってしまいます。

20060216234335.jpg


要申し込みで、約60分間で案内付き、園内を1周します。
修学院離宮と同じ後水尾天皇の造営。17世紀始め。
仙洞御所の建物自体はもうありません。

街中と思えない静けさ。御所の中とも思えない世界。
池に映る木々や橋、緑の丘、茶室、小石を敷き詰めた州浜。。。
歩いているだけで、癒されます。
しかし贅沢な敷地。
sendou4.jpg

20060216234511.jpg



京都での宮内庁関係の一般参観は他に桂離宮、修学院離宮、京都御所があります。
御所内窓口、往復葉書、インターネットで申し込みが可能で、締め切り日が異なります。
ネット申し込みは「宮内庁参観案内」で検索すると出てきます。

申し込みが手間で、時間やコースが決まっているのですが、無料という事と、集まった人だけの貸しきり感覚があります。


池沿いに並ぶ桜、紅葉に囲われた橋、藤棚のある大きい橋など季節の楽しみがさらに見どころがあるようでした。
【2006/02/17 00:35】 | satton:庭園 | トラックバック(1) | コメント(5) | page top↑
円通寺庭園
entuji1.jpg

岩倉にある禅寺、「円通寺」は比叡山を借景とする枯山水の庭園で有名です。
入口から廊下を抜けると、みごとな庭が現れます。
修学院離宮の前衛の庭で、作者も同じだとか。

杉の合間に比叡山の稜線がはっきり大きく見え迫力があります。
(写真はうまく写ってませんがもっと明るくきれいに見えます。。)
高台にあるため眼に映る世界は、「庭」「山」「空」の自然のものだけが見え、
静かで落ち着きます。

ただこの自然だけの借景が見れるのもあと少し間のようです。
土地の開発が許可されたため、マンションなどの建物がこの
景色の中に入ってくる事になるようです。

そのため、今まで撮影禁止だった寺内も、この借景庭園だけ撮影しても
良い事になっています。

春の桜、秋の紅葉、雪景色、四季を通じて見ごたえがあるそうです。




京都市左京区岩倉幡枝町
京都バス円通寺道下車徒歩10分
大人400円
【2006/01/29 19:20】 | satton:庭園 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
アクオスのCMの庭
吉田神社の近くにある、庭園家の重森三玲邸(重森三玲庭園美術館) を見学してきました。(要予約)

この庭を知ったのは、あのアクオスのCMを見てからです。
以前松尾大社に行った時、庭が印象に残っていたのですが、
同一人物だった事に惹かれて行きました。

三玲さんは日本画、生花、茶道の研究をし、その後独学で庭園を学び、
全国の200もの庭園を実測したそうです。
全国的に庭園を造っていて
京都では東福寺や大徳寺の瑞峯院の庭園も有名です。

長家門を入って右側の扉をあけると、いきなりあの庭が現れます。aquos2.jpg


元々吉田神社の社家であった鈴鹿家からこの家を譲り受け、亡くなる5年前にこの庭を造られたそうです。
始めは真中に大きな垂れ下がった赤松の木があったものが、13年前に枯れてしまい、今は切り株だけが残っています。その事で逆に石組がダイナミックに現れた庭になっているとの事。など説明も色々して頂けます。

20060111185545.jpg


庭の出来る1年前に建った茶室もあります。
20060111185618.jpg



見学料は庭園書院のみが600円、茶室の入室も兼ねると1000円です。

【2006/01/11 19:30】 | satton:庭園 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。