FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
<京の冬の旅>六波羅蜜寺・六道珍皇寺
先月、京都市観光協会が主催している「京の冬の旅」イベントの一つである「非公開文化財特別公開(平成20年1月12日~3月18日)」に行ってきました。

この非公開文化財は、期間中、京都市内10箇所で特別公開されています。

今回は、「六波羅蜜寺」と「六道珍皇寺」を拝観しました。

両方とも四条から徒歩で行くことができます。

最初に、「六波羅蜜寺」へ到着。隣には小学校が建ってました。


 


「六波羅蜜寺」は、「天暦5年(951)に空也上人が開いたお寺で、西国三十三ヶ所観音霊場第17番札所。」だそうです。

さっそく、今回のメインである「宝物館」へ。





入口には、思ったよりたくさんの人が並んでいました。

しばらく待ち、中へ入ると、さらに人がたくさん。
少しずつ像の方へ近づき、「空也上人立像」「平清盛坐像」をしっかり見てきました。





館内は撮影禁止のため、入口の看板をデジカメで撮りました。
教科書に載っていたこともあってか、すごく親しみがあり、とても見ごたえがありました。

次は、「六道珍皇寺」へ。


 


「六道珍皇寺」は、平安時代に弘法大師の師・慶俊僧都が開いたお寺で、お盆の精霊迎え「六道まいり」で名高く、境内には、あの世とこの世をつなぐ井戸があり、平安朝の官僚・小野篁(おののたかむら)が夜になると、この井戸であの世へ行き、閻魔王宮に仕えたと言われています。





境内に入ると、「六道輪廻」の世界を表した絵がたくさん展示されており、ガイドさんの説明付きで、とても興味深く鑑賞することができました。

最後に、井戸を見学。
普通の井戸でしたが、想像を膨らませてみると、ただの井戸ではないような不思議な気分になりました。





また、境内の近くには、「迎鐘」という鐘があり、鐘自体は、建物の中にあり、鐘をつくときは、中から出ている紐を引っ張る仕組みになっています。

今まで見たことのない鐘だったため、境内に入る前に、ついてみようか、散々迷ったのですが、「迎鐘」という名前に何かあるのではと思い、つくのをあきらめました。

その後、境内でのガイドさんの説明を聞いて、正解、この鐘は、お盆の時期に、ご先祖様をお迎えするための鐘だそうです。

「よかった~つかなくて。」って本気でほっとしました。
スポンサーサイト
【2008/03/08 11:22】 | tomo:寺 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
銀閣寺
休日に、着物を着て、銀閣寺に行ってきました。

着物とは普段なじみのない私ですが、今京都では、神社、美術館、博物館、店舗等でさまざまな優待や特典を受けることができるというパスポート「京都きものパスポート2006」が無料で配られており、それがきっかけで、きものを着てみることにしました。

今回は、京都産業会館内にある「きものステーション京都」でレンタルすることにしました。





着物の写真が壁に並べられており、その中から選ぶという形式でした。
どれもかわいいので迷いましたが、着物と帯がセットになっているので、早く決めることができました。





さっそく着物を着て、哲学の道へ。
この日は、着物を着ている人が普段より多いような気がしました。





銀閣寺に到着。
銀閣寺は外から見るだけでしたが、すごく歴史を感じる建物でした。





庭もとても手入れされていてすごくきれいでした。

今は、秋期特別拝観(10月7日~12月3日)期間中で、「弄清亭」「本堂」「東求堂」を拝観することができます。

ここで「きものパスポート」が活躍!2000円→1000円で拝観することができました☆

建物内は写真を撮ることができなかったので残念ですが、書院造りの「東求堂」は、障子の隙間から見える景色が掛け軸のようで、とても美しかったです。

「本堂」の襖には、鳥が飛び立っていく様を、コマ送りのように描いている絵や、酔っ払った師匠を弟子が抱きかかえている絵が描かれていて、とてもおもしろいなと思っていたら、俳句でも有名な”与謝蕪村”が描いたと知って驚きました。

「弄清亭」は、部屋一面に描かれた川の流れる風景が、とても印象的で、外から聞こえる滝の音が合わさって、本当に目の前で川が流れているかのようでした。





さらに、展望所までのぼると、紅葉を近くからみることができました。とてもきれいです。
数時間歩いていると、着物も慣れてきて、いつもと同じような速さで歩いていました。

次回も、是非、着物を着て、近所へ小旅行をしたいと思います。
【2006/11/14 19:16】 | tomo:寺 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
高台寺
先日、高台寺開創400年記念特別展に行ってきました。





この日は、七夕の前だったので、あちらこちらに、七夕の飾りがあり、とてもきれいでした。





円山応挙「幽霊図」、江戸時代土佐派の「百鬼夜行」絵巻などが展示されているとあって、ポスターは、かなり怖そう。。おそるおそる高台寺の中へ入りました。





中は、思った以上にすごく美しい庭と建物に、びっくり。





「遺芳庵」という高台寺を代表する茶席と、「臥龍廊」と呼ばれる、開山堂と霊屋を結ぶ階段で、龍の背に似ているからこのような名前らしいです。

展示されているところは、写真撮れなくて残念だったのですが、ポスターのような絵巻が部屋のあちらこちらに展示されており、とても涼しくなりました。

金・土・日の夜は午後9時30分まで受け付けているみたいなので、今度は、夜のライトアップを見に行きたいと思います。
【2006/07/12 22:28】 | tomo:寺 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。